「測る、量る」未来につなぐ技術集団!

3Dレーザースキャナー測量

新技術を用いた3次元の測量へ

3次元レーザースキャナと唐崎の松

 

上写真:弊社所有3Dレーザースキャナー TOPCON社製GLS-1500及び滋賀県大津市に所在する唐崎の松

下動画:3Dレーザースキャナーで観測された点群データ(x,y,zの座標値を持った点の集まり)

3Dレーザースキャナーとは

 弊社保有のトプコン社製GLS-1500は1秒間に3万点のレ-ザ-を対象物に照射して、X.Y.Zの値を持った点群情報を取得します。簡単に言えば、目の前の景色を立体的にスキャニングするということです。また、その点群に内蔵デジカメで撮影した色情報を与えることで、よりリアルな点群画像になります。計測で得た情報は膨大ですが、そのおかげで、横断、縦断面が好きなだけ手に入れることができます。また、CTスキャンのように、今までの測量では考えられない断面も見ることができます。一度現場をスキャンしてデータ化してしまえば、あらゆる角度から現場をPC内で確認でき、何度も現場へ赴く必要がありません。動画も自由自在に作成できることも強みです。新しい測量の可能性を持った器械です。

3Dレーザースキャナー測量 特徴・メリット

・目的物に触る事無く計測できる為、安全です。
  (災害現場の土砂崩れ箇所、鉄道軌道敷、橋梁など)

 

 また災害復旧後のイメージも観測データに合わせて作成することができます。

 ・現場をそのまま丸ごと計測する為、再度現地へ測量に行く必要はありません。
 ・現場の観測時間が短い。

 3次元レーザースキャナ TOPCON GLS-1500一秒間に3万点という速さで位置情報を取得します。
観測する密度や範囲によって計測時間は変化しますが
各観測点において、およそ2,30分で観測完了します。

 
 ・点群(座標の集合体)なので縦断、横断どのような切り口にも対応出来ます。

 点群データと断面線

点群断面図1 点群断面図2 点群断面図3
・2次元のCADデータと合成することができる

既知点にレーザースキャナもしくはターゲットを据えることで、点群を世界測地系といった座標にあわせることができます。

下図のように既存の2次元CADデータ(青色の線データ)と点群を合成できます。

また境界点をおさえることで境界上空からはみ出した構造物の点群を

下図のように赤色で明示することが可能です。

 点群データと2次元CAD合成

 黄色丸部分を拡大。

点群データ 境界張出領域を色分け

 張出部分を鳥瞰することもできます。

点群データ 境界張出領域を鳥瞰

 3Dレーザースキャナー測量 活用例 

●歴史的建造物・文化財保護

点群データ 滋賀県大津市 日吉大社 東本宮本殿

滋賀県大津市 日吉大社 東本宮本殿

 

 

滋賀県大津市 瀬田の唐橋

滋賀県CIM推進勉強会にて弊社が観測

 

●採石場 土量算出

点群データ 採石場 平面・横断図作成 点群データ 採石場 平面・横断図作成

得られた点群データから平面・横断図を作成。

採石場では草木が茂っている箇所が少ないため、地表面のデータを効率的に観測できます。

 

点群データ 採石場 自動コンタ作成 点群データ 採石場 自動コンタ作成

点群データには標高の値もあるため自動でコンタを作成。

●災害現場

 

神崎川支線 土砂崩れ

 崩れた箇所から離れて観測できるため、従来の測量に比べて安全に作業できます。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 077-578-5316 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 京津測量株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.