「測る、量る」未来につなぐ技術集団!

3Dプリンタ向け3Dモデリング

3次元モデリング

■3Dプリンタを利用したいが、そもそも3Dデータを作成する術がない

■後世に残したい文化財(仏像や貴重な資料)をデータや形として残したい

 このようにお困りの方はいらっしゃいますか?

 当社は写真測量やレーザー測量から被写体を3Dデータ化する技術があります。

 

撮影した写真から3次元モデル化

貴重な文化財、残したいものをデータや形としてそのまま保存する。

写真測量の発想からSFM-MVS技術により

あらゆる被写体を3次元化し、ありのままの状態を残すことができます。

例1 非常にリアルな3次元データ化された木像

例1 非常にリアルな3次元データ化された木像

非常にリアルな3次元データ化された石像

例2 非常にリアルな3次元データ化された石像

 

メリット

 ○短時間作業    現場での作業は短時間で完了します。

           3Dデータ化するための画像処理はPCが自動行うため

           実働時間は短く済みます。

 ○非接触      被写体に直接触れることがないので

           貴重な資料を破損することなく計測できます。

 ○現状記録の保管  現状のありのままを3Dデータ化し取り込むため

           PC内であらゆる角度から確認できたり

           バラバラになったパーツを組み合わせたり

           といったことが可能になります。

 ○模造品の作成   3Dプリンタを利用すれば簡単に被写体のレプリカを

           作成でき、展示品の代替品として活用できます。

           また、データ処理によってスケールの異なる

           模造品の作成も可能です。

SFM (Structure From Motion)

SFMとは、撮影した動画や画像から、撮影位置やカメラのパラメータを求め

被写体の粗い3次元点群データを作成する技術。

SFMとは

MVS (Multi View Stereo)

MVSとは、SFMによって得られた粗い3次元点群データとカメラのパラメータ、画像を利用し、

密な3次元モデルを作成し、それにテクスチャーを貼り付ける技術。

MVSとは

技術実績の例

滋賀県大津市 西教寺 龍像

 

滋賀県大津市 飯室谷 吽形像

 

滋賀県大津市 西教寺 光秀の墓仏像群

お気軽にお問い合わせください TEL 077-578-5316 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 京津測量株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.