「測る、量る」未来につなぐ技術集団!

ドローンによる測量

ドローンを使った測量とは

ドローンを使った測量の概要

ドローンに備え付けられたカメラから連続的に撮影した画像を処理することで対象地域の3次元データを取得する測量です。

ドローンの出現により、これまで高価であった航空写真測量がより身近な存在となりました。

また、技術進歩によってPC処理能力の高速化に伴い環境を整えることで、撮影してきた写真の画像処理が容易に行えるようになったこともドローンによる測量が発展してきている要因となっています。

 

撮影場所 日吉大社 八王子山上空

 

カメラを使って測量する

写真測量とは

写真画像から対象物の幾何学的特性を得る方法。

特殊なカメラで撮影する必要なく、デジタルカメラといった市販のもので

対象物の位置関係を取得することができます。

これら得られた成果に位置情報を与えることで

より精度の高い測量成果を取得します。

写真測量 座標値入力

写真測量 位置情報入力

 

オルソ画像の作成

石垣 現場写真

石垣 現場写真

石垣 オルソ画像

現場石垣をオルソ画像化したもの

 写真測量ソフトから地面に正射投影された歪みのない上空からの画像を出力します。

 上画像のような従来の平面図では表現しきれない石の一つ一つを表現することができます。

 

石垣の立面図の作成
石垣 オルソ画像

石垣 立面 オルソ画像

 こちらの写真はただカメラで撮影したものではなく、写真測量からオルソ画像化したものです。

 非常に効率良く、石垣の立面図作成に役立てることができます。

 

 ドローンを使った測量のメリット

 ○測量スピード  従来の測量に比べ、現場での作業が非常に負担少なく短時間になります。

 ○安全性     人が立ち入り困難な場所に行けるという点で、測量のために危険箇所に

          接近する機会が大きく減り、安全に作業できます。

 ○運搬性     軽量であるため持ち運びしやすく、

          他の測量機器の運搬の負担より少なくすみます。

 

生産性を新しいレベルに引き上げます

i-constructionに対応した測量

 国土交通省では、建設生産システム全体の生産性向上を図るため、ICT(情報通信技術)やCIM(Construction Information Modeling)といった新たな技術を導入し、魅力ある建設現場を目指す取組を進めています。

ドローンによる測量は、現場における効率性を向上させるだけでなく、後工程における3次元データを用いた設計や施工、管理に大きく役立つため、i-Constructionにおける重要な過程に位置づけられます。

当社は、3Dレーザー測量によって培った3次元点群処理技術により、ドローンによる測量によって得られた3次元データを有効に活用することができます。

こんな案件でも活躍します

採石場 広大で上空が開けた土地ではドローンによる測量が適しています。

    取得した3次元点群データから土量算出を容易に行えます。

 

ドローンを使った測量と災害現場

有効性 

  • 洪水や土砂崩れなどで人が立ち入れない場所でも上空から現状を安全に確認できる。
  • 離着陸場所を選ばない。
  • 目的地の到着が最短ルートをとれ迅速である。

懸念事項

  • バッテリーの消耗時間  ドローンの種類によって変わるが数十分ほどの飛行で消耗する。

                                       今後はさらに飛行時間が伸び搭載重量も大きいドローンが登場してくる。

  • 墜落の危険性      4枚羽根のドローンの場合、一枚止まると墜落してしまう。

 

ドローンを使った測量の注意点

精度について

用地境界を測量するような非常に精度を要求する測量には使用することはできませんが

数センチ以内の誤差で計測できるため、広大な土地の現況測量には効果的です。

現在、国土交通省における「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」では

地図情報レベル250で水平位置の標準偏差は0.12m以内と定められています。

 

解析時間はどれくらいかかる?

撮影してきた写真の枚数や求める精度によって異なります。

現場によって数時間で終了するものもあれば、半日以上PCが解析作業をし続ける場合もあります。

ただし、人が実作業する時間はそれよりもっと短くすみます。

 

コスト面

従来の測量と比較すれば、現場作業を非常に効率よく完了させることができます。

要求精度に応じた撮影計画によって、必要なカメラが変わってきます。

ドローンの中でも比較的安価な機体も存在しますので、コストを抑えることができます。

 

弊社の技術向上への取り組み

 ドローンによる測量から作成したオルソ画像
ドローンによる写真撮影からオルソ画像化

ドローンによる写真撮影からオルソ画像化

 撮影範囲は約1ha。現場作業としては標定点の設置及び観測に1時間ほど。

 ドローンの飛行時間は十数分程で作業完了しました。

 解析し3次元データを作成後、標定点との誤差は3cm以内におさまりました。

 

 写真測量から3次元データの作成

 地表面が撮影できていれば木々が生えている所でもデータを取得できました。

お気軽にお問い合わせください TEL 077-578-5316 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 京津測量株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.